南多摩医療圏 認知症疾患医療センター

ごあいさつ

平川病院では、東京都の指定をうけ、認知症疾患医療センター(地域拠点型)を運業しています。

みなさまのお住まいの近くでも、たくさんの医療機関や介護保険サービスの事業所、行政などがそれぞれの力を発揮し、認知症の方の支援に取り組んでいます。

しかし認知症は症状の変化により、それまでの枠組みのなかでは患者様やご家族が安心して暮らしていけなくなってしまうことが時におこります。

このような時は、当センターにご相談ください。
患者様やご家族が、再び、もとの生活を続けられるようお手伝いいたします。

認知症の方を支えるしくみ

認知症疾患医療センターの役割

専門医療相談の家族

認知症疾患医療センターには、医療相談室を設置し、認知症に関する専門知職を有する精神保健福祉士等を配置することとしています。この医療相談室では、本人、家族、関係機関(地域包括活支援センター、区市町村、保健所・保健センター、介護保険事業所等)からの認知症に関する医療相談に対応するとともに、状況に応じて、適切な医療機関等の紹介を行います。

認知症の診断と対応

認知症疾患医療センターでは、認知症の診断を行いますが、医学的な診断だけでなく、日常生活の状況や、他の身体疾患等の状況等も踏まえ、総合的に評価を行うとともに、関係機関と情報の共有化を図り、医療・福祉・介護の支援に結び付けていきます。診断後は、ご本人のかかりつけ医と連携を図り、日常の診療はかかりつけ医が担当することが基本となります。

身体合併症・周近症状への対応

認知症の人の身体合併症及び周近症状の治療について、認知症疾患医療センターで受け入れるほか、地域の認知症に係る専門医療機関、一般病院や精神科病院等と緊密な連携を図り、地域全体で受け入れる体制をつくっていきます。

地域連携の推進

地域の医療機関、地域包括支援センター、区市町村、保健所・保健センター等の関係機関、家族介護者の会等との連携を図るため、協議会等を開催し、地域において関係者が密接に連携するネットワークづくりに向けた検討を行っていきます。

専門医療、地域連携を支える人材の育成

認知症疾患医療センターの院内においては、専門的な知職・経験を有する医師・看護師の育成に努めていくとともに、地域においては、かかりつけ医の認知症対応力の向上を図るための研修等取り込んでいきます。

情報発信

認知症に関する正しい知職をご理解いただくための情報発信を行います。

病院からのお知らせ