病院案内

院長からのご挨拶

 精神科医療は大きく変わり続けています。精神科病院に対する社会のニーズは、慢性統合失調症の長期入院施設という従来のイメージから変化し、急性増悪に対する精神科救急対応、これに続く急性期治療、または高齢者のせん妄や認知症対応、うつ病やアルコール問題、そして働く人たちのメンタルケア、自殺対策など多様化しており、社会構造の複雑化に伴う精神科への期待の高まりを感じています。
 さらに、精神疾患に加えて、身体合併症を持つ症例への対応が一般科からのニーズとして増えてきており、高度の身体疾患治療や身体的リハビリテーションが行えることが求められています。平川病院では、現在でもこれらを実践していますが、今後さらに高度化するニーズにも対応するべく、できるだけ急速に進化していくよう努力しています。
 もちろん、地域支援を中心に、長期間病気を患ってきた患者様のことも忘れずにケア体制を確立していきます。今後も、常に社会から必要とされる存在になるよう邁進する所存です。

平川病院 院長 平川淳一
平川病院 院長 平川淳一(前列左)

『患者さまの不安を取ること』を理念にしています。

  • 治療します
     病院の存在理由は病気を治療することであると強く意識しています。 病院ですから「治療する」のは当たり前ですが、いままでの精神科病院はこの当たり前が十分でなかったと反省すべきだと感じています。過去には、十分な治療法や薬剤の選択肢が無かったことで「精神障害者を病院に収容する」という形で問題解決をせざるを得なかった歴史がありました。 しかし、今日では新しい薬物療法の開発や根拠に基づく治療法が次々と明らかになり、精神科医療は大きく変わってきています。 そこで、治療を大きく意識して病院を運営していこうと、気持ちを新たにして取り組んでいます。
  • インフォームドコンセントと
    パートナーシップ
     病気になると患者様ご本人・ご家族は大変不安になると思います。ご自身の病気がどんな病気で、どうすれば良くなるか。現在飲んでいる薬は何で、どういう効果があるのか。飲まなければいけない理由は何なのか。治療はどのくらいかかり、今どこまで進んでいるのか、などなど、色々な不安が想像されます。 そこで、ご本人も、ご家族も、担当医師も、スタッフも、みんなが共通の理解・問題意識を持って治療を進める体制を作ります。 ご本人・ご家族を含めた、治療に携わるすべての人々が同じ目標や価値観、進捗状況の理解をもって治療が進んでいくようにしたいと思います。
  • 治療を標準化します
     精神科は、一般科のように確定診断の根拠となる臓器の病理学的特徴がはっきりしていない領域です。その中で、医療の質を担保するには、一定のルールの上に全ての症例を整理する必要があります。 そこで、ICD-10(11)とDSM-Ⅳ(Ⅴ)という国際的な診断基準や各種ガイドラインを基盤に、診断・治療の標準化を行い、より良い医療の提供を目指しています。
  • 全人的な対応をします
     治療の最終的なアウトカムは、患者さまやご家族の「幸福」です。幸福は、疾患の治療だけしていればもたらされるというものではありません。 精神疾患そのものの改善はもちろん、ご本人やご家族を取り巻く環境の改善、身体的な合併症があればその改善など、それらすべてが達成されて初めて幸福が訪れるはずです。 視点をより高く、一般科医療よりも一歩進んだ全人的治療体制を作ります。
  • 安心できる療養環境を整備します
     治療をしていく上で、環境は大切です。病室、デイルーム、保護室、作業療法室、理学療法室などの各治療室、トイレ、洗面所、浴場なども含め、清潔で安心できる療養環境を提供します。
  • あきらめない
     精神疾患は、疾患そのものの問題と、それに伴う障害を併せ持つことが特徴です。そのため、精神科では病気だけを治すのでは不十分です。 慢性の経過を辿り、長期に渡る粘り強い治療が必要な病気もあるため、決してあきらめない、見放さない「覚悟」を持って治療にあたっていかなければならないと考えます。
  • セカンド・オピニオン
     独りよがりにならず、常に第三者の目に晒される意識と緊張感を持って診療にあたっています。他院でのセカンド・オピニオンを受診していただき、当院での診療が適切なものであるかを評価してもらうこともその1つとなります。当院では、当院から他院へのセカンド・オピニオンの紹介を拒否することなく、診療情報を積極的に提供します。また、他院から当院へのセカンド・オピニオンの受診についてもご相談ください。
  • 勉強します
     目的を達成するには手段を磨く必要があり、それには日々の研鑽・努力が必要です。 院内での積極的な研修・研究はもちろん、院外での研修会・学会等への職員の参加を奨励しています。医師ばかりでなく、看護師、薬剤師、作業療法士、理学療法士、臨床検査技師、放射線技師、管理栄養士、栄養士、歯科衛生士、ケアワーカー、事務員等々、それぞれの部署、部門で積極的に行っています。

病院概要

法人名 医療法人 社団 光生会
施設名 平川病院
所在地 〒192-0152 東京都八王子市美山町1076
電話・FAX TEL:042-651-3131
FAX:042-651-3133
理事長 平川博之
管理者 病院長 平川淳一
開設年月日 昭和41年7月1日
診療科目 精神科・心療内科・内科・歯科
許可病床数 精神病床 313床 療養病床 36床 総数 349床
平川病院
平川病院